TOPICS

[投稿日]2017/05/29
[最終更新日]2017/08/23

フィリピン航空利用の際の注意事項

飛行機搭乗者が病気や妊娠している場合、以下のような手続きを経なければ搭乗できないことがありますので、十分ご注意ください。これを知っていなければ、当日になって「乗れない」ということになりかねません。

フィリピン航空のみならず、他の航空会社であっても、同様にご注意ください。

 

1.重病と思われる人を搭乗させる場合

 

事前にフィリピン航空予約課(以下参照)に電話し、詳しい病名を告げ、以下の2つの書類が必要かどうか、確認してください。少しでも不安があれば、念のために電話してください。「この程度の病気であれば大丈夫だろう。」という考えは禁物です。書類が必要かどうかは、「搭乗予定者の病気やケガによる」ということです。フィリピン航空のホームページを見ると、車いすに乗っていれば必要となるとも読み取れますが、必ずしもそうではありませんのでご注意ください。

 

(1)Medical Information Form (MEDIF)

医師に記入していただく必要があります。記入方法については、フィリピン航空予約課に確認してください。

 

(2)医師の診断書(英文が必要)

病名だけでなく、飛行機搭乗が可能であるならば、「飛行機搭乗は問題ない」と記載していただいてください。

もし医師が英訳をしなかった場合は、その他の方が英訳を作成する必要があります。この場合、日本語の診断書原本と、その英語訳の両方が必要となります。

 

フィリピン航空予約課に確認後、必要である、または必要かもしれないと思われる場合は、空港のフィリピン航空カウンターでMEDIFを入手するか、以下のフィリピン航空のホームページからダウンロードしてください。

 

フィリピン航空HP MEDIFダウンロードページ

 

 

上記MEDIF、医師の診断書(英文)を入手し、E-ticketも含め、飛行機搭乗の「3営業日前まで」に以下のフィリピン航空予約課にFAXしてください。「3営業日前まで」については、勝手に判断せず、「3営業日前までということですが、今日必要書類をFAXした場合、いつなら搭乗可能でしょうか?今日FAXするのであれば、遅くとも何時までにすればいいでしょうか?」と、細かくフィリピン航空予約課に確認しておいてください。東京のフィリピン航空事務所から、フィリピンの医師に送られ、搭乗可能かどうかの判断がなされます。帰国前日には、フィリピン航空予約課に電話し、状況を確認してください。

 

帰国当日は、上記書類の原本をフィリピン航空カウンターで提出してください。その時、「既に〇月〇日にフィリピン航空予約課の〇〇さんにこの書類をFAXし、フィリピンの医師から、飛行機搭乗には問題ないとの確認を得ています。」と説明してください。

そこまでしなければならなのか、とお思いになるかもしれませんが、そこまでしておくべきです。

 

 

フィリピン航空予約課

TEL 03-5157-4362 
(自動音声 1→4を押す) 
  

FAX 03-5957-8287

 

 

 


 

2.妊娠している人を搭乗させる場合

 

健康な妊娠32週以内の人、妊娠合併症(pregnancy complications)ではない人であれば、Expectant Mothers Information Sheet(EMIS)を渡航当日にフィリピン航空カウンターに提出することのみ求められます。記入方法は、上記フィリピン航空予約課に確認してください。また、コピーが必要かもしれませんので、事前にご確認ください。

 

その他病気であったり、妊娠合併症であれば、MEDIFが必要となったり、搭乗できない可能性がありますので、フィリピン航空予約課に電話して確認してください。

EMISは、フィリピン航空のカウンターで入手するか、フィリピン航空のホームページからダウンロード可能です。

 

フィリピン航空HP EMISダウンロードページアドレス

 

 

原則として妊娠23週以内に、遅くとも32週以内に搭乗させる必要があります。

 

 

(1) 妊娠23週までの場合

EMISのpart1のみ記入。記入方法はフィリピン航空予約課に確認してください。

 

 

(2) 妊娠24~32週の場合

(1)に加え、医師にpart2を記入してもらう必要がある。記入方法はフィリピン航空予約課に確認してください。

 

 

(3) 妊娠33週以上の場合(飛行機搭乗はお勧めしません)

(2)に加え、航空医官(flight surgeon)やフィリピン航空の医師にpart3を記入してもらう必要があります。事前にフィリピン航空予約課に確認してください。

 

 

 参考

フィリピン航空ホームページ Special Handling

 

TOPに戻る